IPL脱毛器 効果 自宅 家庭用 光脱毛 脱毛器 おすすめ 女性

IPL脱毛器(光脱毛)のレベルはここまできた

過去に永久脱毛としてニードルでの脱毛方法が主流だったころから考えると、光脱毛の肌へのダメージや脱毛メリットは抜群に高いものになってきたといわれています。
IPL脱毛器の効果は本当にあるの?メリットとデメリット

 

例えば、現在も販売されている家庭用の脱毛器のなかには、電動シェーバーなどがありますが、少し前には、それ以上のものを探してもせいぜい電動シェーバーのような形状で毛を抜いていくものなどものがある程度でした。

 

ところが、毛を抜いたところで、埋没毛といわれる毛が皮膚の上に生えてこれなくなる「埋もれ毛」現象が起きてしまったり、必要以上の肌荒れを起こしてしまうことがありました。それだけでなく、根本的に毛が減るような仕組みではなかったため、痛い思いをしながら、その作業を繰り返していくしかなかったのが現実でした。現在ある自宅でできるブラジリアンワックスなども同様のものになると思います。

 

IPL脱毛器の効果は本当にあるの?メリットとデメリット

 

ところが、ここ数年で自宅で使えるIPL脱毛器の種類もかなり増えてきました。またIPL脱毛器によってはIPL自体がはフェイシャルなどにも使用できるものなので、美顔機能がついているものもあります。そうなると脱毛もできるフェイシャルにも使用できるので、さらにメリットのある美容アイテムのひとつになりつつあります。

 

光脱毛は、自宅用の光脱毛とエステサロンで行う光脱毛がありますが、実際に家庭用の光脱毛器でどの程度の脱毛の効果があらわれるのかが、一番気になるところだと思います。このあたりの違いをもう少しご説明してきますね。

 

IPL脱毛器の効果は本当にあるの?メリットとデメリット

 

光脱毛器を使って自宅で脱毛することには、メリットもあり、デメリットもあります。時間を優先したい、費用を押さえたいのであれば、手間がかかっても家庭用の脱毛器に投資するのは、十分意味があります。反対に自分でやるのは面倒、早く終わらせたいというのであれば、エステサロンや医療脱毛に通われる方が満足度が高くなってくると思います。

 

家庭用IPL脱毛器のメリット

IPL脱毛器の効果は本当にあるの?メリットとデメリット
■予想外に追加される費用は発生しない
・例えば、6回のコースを購入したとします。光脱毛での毛の減り方はレーザーに比べると遅いです。よって6回ほど行っただけでは、満足できるレベルにはならないことも多く、結果として追加のコースを買うことになるのは、よくあります。この点は、個人差もあり、実際にやってみないとわかりません。また施術前に剃ってこないと剃毛料として追加料金が必要となてtきます。

 

■時間のムダがない
当然ですが、自宅でできるので、エステサロンに行く時間は不要となります。また予約をする必要がないので、実際に施術をしたいタイミングで脱毛処理を行うことができます。エステサロンによっては、価格が安いキャンペーンなどをやるとどうしても人が多く集まっているので、思った日程に予約をすることができないようなことも発生します。

 

■生活スタイルに左右されない
エステサロンの場合、自宅の近くであったり、会社の近くであったりといった理由で選ばれる事が多いですが、仮に引越しをすることになったり、会社を移ることになったりすると、同じサロンに通うのは不便になったりします。チェーン店であれば、別の店舗に移動はできますが、担当者の方が変わってしまうことで、戸惑うことも発生するかもしれません。

 

■脱毛器によっては美顔のお手入れもできる
IPL自体が脱毛だけでなく、フェイシャルなどでも利用できる美肌効果があるので、脱毛器によっては、脱毛器だけでなく美顔器としても使えるものがありますので、最初にちょっとがんばって購入してしまえば、両方のお手入れを気兼ねなくできるというのは、嬉しいメリットのひとつかもしれません。

 

家庭用IPL脱毛器のデメリット

■パワーが弱い
当たり前ですが、自宅で素人が使用して事故が発生しづらいように安全性が考慮されていますので、エステサロンで使用するマシンよりパワーが劣るというデメリットはあります。

 

■部位によってやりにくいことも
エステサロンの場合は、横になっていれば、プロのエステシャンの方が、施術をしてくれます。自宅の場合は、自分で剃って、自分で施術をするため、部位によってはやりづらいといったことも発生します。