毛穴 かゆい 赤い ぶつぶつ かゆみ 痛い 炎症 皮膚 足 腫れる

足の毛穴がかゆい!なぜ?

足がいきなりかゆくなることがあります。これにはいくつか原因が考えられます。脱毛による炎症、食べ物やハウスダストや花粉などによるアレルギー反応、季節によって起こるものも考えられます。その代表例をまとめてみました。

 

1乾燥によるかゆみ
毛穴がかゆい、赤い、ぶつぶつなどの症状はほおっておかない
手足などは思った以上に乾燥していることがあり、特に冬場は、空気が乾燥している上に暖房を使うため、乾燥します。ひどくなるとタイツなどを履いても粉っぽくなってしまうなんてことがでてきます。この場合は、できることとしては、お風呂上がりに保湿クリームを塗ることですね。

 

2.腎臓、肝臓の機能低下
毛穴がかゆい、赤い、ぶつぶつなどの症状はほおっておかない
保湿度が高いクリームを塗っても塗っても乾燥が続くという方については、肝臓や腎臓の機能が低下している場合があります。体全体にでることもありますが、手だけ、足だけといった場合があります。

 

3.栄養不足やストレス
毛穴がかゆい、赤い、ぶつぶつなどの症状はほおっておかない
外食続きや仕事が忙しかったりして偏った食事で、栄養バランスが悪くなったり、ストレスなどが溜まってくるとかゆみがでることがあります。特に鉄分不足についてはかゆみがでやすくなるようですので、意識して鉄分は取るようにしましょう。

 

4.アレルギー
毛穴がかゆい、赤い、ぶつぶつなどの症状はほおっておかない
アレルギーは子供の時には発症していなくても大人になって突然発症することもめずらしくありません。ハウスダストや花粉などのアレルギーから食べ物によるアレルギーもあるので気になった場合には、専門医に診てもらうようにしましょう。また衣替えで服を入れ替えた時にしまわれていたものを久しぶりに身につけるとハウスダストなどの死骸によってかゆみがでることもあります。なので気になる方は衣替え後は、一度服を日干しするとよいでしょう。

 

5.脱毛(特に自己処理)
毛穴がかゆい、赤い、ぶつぶつなどの症状はほおっておかない
カミソリやワックスなどで毛を抜く脱毛を行うと皮膚や毛穴内部が炎症を起こして、かゆくなることがあります。脱毛処理の頻度が高い場合には、繰り返し行っていることで皮膚が炎症を起こしやすいのですが、久しぶりに処理をすると体が刺激に反応しやすくなってしまうということもあります。特に冬場は、服を厚着することもあり、タイツなどを履くことが多いため、ムダ毛の処理を長期間やらなくなる方も多く、春先に薄着になってきた時に久しぶりに脱毛処理をすることで、肌が必要以上にびっくりして反応し、刺激となってかゆみがでてしまうこともあります。

 

かゆみが数週間続くような場合には、皮膚科などの専門医に診てもらうようにしましょう。

 

皮膚科で行う足のかゆみの治療

毛穴がかゆい、赤い、ぶつぶつなどの症状はほおっておかない
■脱毛後のかゆみ
脱毛などの処理によって毛穴が開いた時に、毛穴内部がかゆくなったりした場合は、開いた毛穴の内部に雑菌や細菌が入り込んで炎症を起こしている事が多くあります。
古いカミソリなどを使うと、カミソリ負けなどを起こしていることも多いですね。また毛を抜く行為も毛穴内部で炎症が起きるので、痛みやかゆみが発生することがあります。
このような場合には、リンデロンVGなどの塗り薬が処方されることが多くありますこれによって、かゆみ、赤み、痛みを緩和してくれます。

 

■肌の乾燥から起こるかゆみ
乾燥などで起こっているかゆみには、ヒルドイドなどの保湿クリームを処方されることもあります。乾燥を防いで肌の潤いが戻ってくれば、自然とかゆみも治まっていきます。

 

■じんましん
食べ物などのアレルギー反応がありますが、薬があわないなどでも発症します。蚊にさされたような膨らみができて、激しいかゆみが発生することが多いです。1つ1つの膨らみはすぐにおさまるのですが、場所を変えて、どんどん出てくる事が多いので痒みが続く場合には、抗アレルギー剤など内服薬を処方されることが多いと思われます。

 

これらの症状は、保険診療できる場合がほとんどです。自分では、原因がわからないことも多いかと思われますが、いつもと違うかゆみが続いたりする場合には、我慢するよりも医師に原因を含め、正しい治療を行ってもらうほうが肌を荒らさず、自分自身も楽になります。