かかと ひび割れ 治す 方法 クリーム オロナイン 効く 夏 冬

あなたの「かかと」は意外と人がみてます

1年を通すと乾燥する時期が長い日本では、エアコンの稼働時期が長かったり、無意識のうちに肌を摩擦しすぎていたりして、意識して肌をしっかり保湿していないと、肌が乾燥で悲鳴をあげてしまう厳しい環境にあります。

 

足のかかとのカサカサやひび割れは、ひどい状態にならなければ、痛みやかゆみもないので気が付きにくい場所のひとつ。でもある日ふとみたら、ひび割れていた・・・なんてことは結構あります。冬はもちろん多くの人のかかとがひび割れていましうが、実は、夏場でもサンダルのかかとをみるとカサっとしてたり、ひび割れていたりなんてこともあり、こういうパーツって結構と人からはシビアに見られていたりします。

 

かかとひび割れを治す方法にかかとにうっとりするクリーム

 

足のかかとはひどくなると粉を吹いてしまい、がさがさして手持ちのクリームを塗ったくらいじゃ治まらないなんてことも結構ありがちですが
かかとのひび割れは、人からみるとどうしても清潔感がなかったり、がさつでだらしない印象を持たれてしまう部分です。夏はサンダルを履いたり、人前ではだしになることも多く、人に見られる機会が多く、また冬場のカサカサは、頑固かつカサカサ度合いが増すので、ストッキングやタイツを履く時にひっかかって伝線させてしまったり、ヨガやピラティスにいった時には、裸足なので、知らず知らずのうちに人に見られてしまっていたりする部分となります。かかとは普段からしっかりと普段からケアをしておかないと、キレイな状態に戻りにくいパーツでもあったりしますので、普段からきちんとケアを心がけたい部分になります。

 

 

なぜかかとは他のパーツより荒れやすいの?

かかとは、普段から全身を支えており、歩いていれば靴や靴下を履いていても衝撃があります。そのため、かかとは体を守るように特に厚めの角質層をもっています。足の角質の厚さは、他の体のパーツのおよそ20倍にもなるのですが、かかとは、さらに土踏まずの4倍ほどの厚さがあります。このように他のパーツよりも余分な角質が多いため、どうしても硬くなったり、ひび割れを起こしてしまったりするのです。
なので、足のかかとは、意識的に「角質除去」「保湿」を心がけることが大切です。

 

 

かかとケアに向いてるクリームとはどんなクリーム?

かかとケアに向けて、尿素の高配合やヒアルロン酸などが高配合されたボディクリームをドラッグストアで見かけることはあると思いますが、一度かかとがひび割れてしまうと
なかなかこれらの商品では治らないという声も結構聞かれます。

 

かかとは、歩く時に常に使うパーツでもあるので、保湿力がとても高いとしてもあまりベタベタするものは使いたくないというのも多くの女性がクリームを選ぶ際に気にかけるポイントのひとつ。

 

ところが、なぜだか足のケアの商品のなかでは、天然成分にこだわったり、オーガニックにこだわったような物が少ないのが現状でした。足の裏の場合は、顔や首などに比べて皮膚が厚く、顔ほどのトラブルが起きにくい場所だったりということもあるのかもしれません。

 

それでも足にも良質の成分を使用したいと思い、いろいろ探してみたところ、ついに高機能なかかとケア商品なのに、合成界面活性剤と合成防腐剤を使っていないのに高保湿な商品を発見!!

 

それがこの「かかとにうっとりするクリーム」です。


かかとひび割れを治す方法にかかとにうっとりするクリーム
良質な成分で、かかとへの保湿力は高いのにべたつかないこともあって、楽天ランキングでも1位をとっている製品です。
具体的にはホホバオイルやスクワランオイルなどの天然成分を100%使用しています。さらに日本国内産にこだわって提供していて、足ケア製品にはとてもめずらしく合成界面活性剤や合成防腐剤を一切使っていないんです。ホホバオイルは人の皮脂に近く肌なじみがとてもよいオイルです。またスクワラン自体は人の体内で生成されていて皮脂膜となっている成分です。化粧品に含まれるスクワランオイルは、深海鮫の肝油から抽出したものが多いですが、人の皮膚にも親和性が高く肌の保護膜として役立ってくれます。

 

かかとひび割れを治す方法にかかとにうっとりするクリーム

 

 

実際に使ってみるとその効果はてきめん!1日か2日使っていれば、効果を感じると口コミで評判になっています。少し価格は高いですが、確実にケアしてツルツルかかとになるためには自信もっておすすめできるかかとケアクリームです。